カテゴリー別アーカイブ: CQ

CCAMとCPAM

先日、小児呼吸器外科研究会が開催されました。小児外科疾患の中では症例数も少なく、”マニアック”な印象もありますが、臨床上困ることや悩むことが多い疾患群でもあり、またあまり集中して勉強する機会がありませんでしたので、とても勉強になった会でした。各施設の大御所の先生たちがdiscussionを交わすところを聞いていると、問題が浮き彫りになってきて非常に勉強になります。

演題の中にもCCAMとしているものとCPAMとしているものがありました。漠然とCPAMが最近の概念なんだな、くらいにしか思っていなかったので今一度整理を。

CCAM:先天性嚢胞状腺腫様奇形
CPAM:先天性肺気道奇形

この分野の第一人者はStockerで、もともとCCAMを嚢胞の大きさからtype 1から3に分類しました。(http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000131.htmlより引用)
スクリーンショット 2014-10-27 11.55.59その後に0型と4型を追加した分類を提唱し、CPAMという名称の変更を提唱しました。下図は非常にCPAMの疾患概念がわかりやすく教えてくれていると思います。(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21977070より引用)
CPAM_Type_SchemaちなみにCCAMとCPAMの対比を慈恵の小児科の先生がまとめられていたので引用させていただきます。(http://www.jikeirad.jp/syourei/kensyui/201302up/201302_02.pdf)
CPAM_CCAM比較

後日のエントリーで書きますが、まだCCAM/CPAMという疾患概念は確立しておらずかなり熱い議論が戦わされていました。CPAMという名称もあまり一般的ではないようで、演題中でもCCAMを用いている発表が圧倒的に多かったです。私見ですが、CPAMという概念自体もコンセンサスを得られている状況ではなく、また分類も変わりそうだし、とりあえず従来のCCAMという言葉を使っておこうという施設が多いということなのかと思っています。