月別アーカイブ: 2014年7月

小児結腸ポリープの病態と治療に関する検討 日本大腸肛門病会誌

小児結腸ポリープの病態と治療に関する検討
日本大腸肛門病会誌 61:476―480,2008
はじめに
・26例中20例が男児、6例が女児
・初診時平均年齢は1-13歳、平均4歳対象と方法
・注腸造影が1st choice
・マルチスライスCTで補助診断
・直腸→経肛門的ポリープ切除
・S状結腸より上→内視鏡下polypectomy
・ファイバー:乳児→9mm上部用、幼児→11.2mm下部用
・大量出血をきたした巨大ポリープ症例で開腹に至っている

結果
・乳児症例はなし
・初発症状:下血 65.4%、ポリープ脱出 23.1%
・1例が自然脱落、2例で直腸脱と誤診された
・発生部位:肛門1、直腸7、S状結腸13、下行結腸1、横行結腸4
・前例が単発
・8-30mm(平均18.8mm)
・全例が若年性ポリープだが、1例にdysplastic changeあり

考察
・悪性化の可能性のある若年性ポリーポーシスとの鑑別が重要
・発がんのリスク因子:家族歴がありポリープ3個以上
・単発であれば癌化することはない
・有病率は2%
・発生年齢は3-5歳
・85%が直腸、S状結腸
・注腸造影が1st choiceだが糞便の誤認を避けるため、前処置はしっかりと

Comment
数ヶ月にわたる肛門出血で外来フォローしている方が直腸脱で数日前に救急外来を受診していました。ただし血便と直腸脱のタイミングはまったく一致しておらず。リンパ濾胞過形成かな?と思って経過をみていたのですが。やはりポリープでしょうかね。写真を撮ってもらったのですが遠景で鑑別はつきませんでした。外来で再現性はないので、今度は近景で撮ってきてもらおうと思います。そんなこんなでぱっと読んだ日本の論文です。

【後日談】お母さんが撮ってきた近景の写真を見るとやはりポリープでした。ちょっと嬉しかったです。