月別アーカイブ: 2014年10月

人工甘味料は腸内細菌叢を変化させることで耐糖能異常を引き起こす Nature

こちらの記事ははてなブログに引越しました。現在、他の記事も順次ブログを移行中です。ご迷惑をおかけしますが、今後も引き続きよろしくお願い致します。下記リンク先からアクセスをお願い致します。

Nature: 人工甘味料は腸内細菌叢を変化させることで耐糖能異常を引き起こす

CCAMとCPAM

先日、小児呼吸器外科研究会が開催されました。小児外科疾患の中では症例数も少なく、”マニアック”な印象もありますが、臨床上困ることや悩むことが多い疾患群でもあり、またあまり集中して勉強する機会がありませんでしたので、とても勉強になった会でした。各施設の大御所の先生たちがdiscussionを交わすところを聞いていると、問題が浮き彫りになってきて非常に勉強になります。

演題の中にもCCAMとしているものとCPAMとしているものがありました。漠然とCPAMが最近の概念なんだな、くらいにしか思っていなかったので今一度整理を。

CCAM:先天性嚢胞状腺腫様奇形
CPAM:先天性肺気道奇形

この分野の第一人者はStockerで、もともとCCAMを嚢胞の大きさからtype 1から3に分類しました。(http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000131.htmlより引用)
スクリーンショット 2014-10-27 11.55.59その後に0型と4型を追加した分類を提唱し、CPAMという名称の変更を提唱しました。下図は非常にCPAMの疾患概念がわかりやすく教えてくれていると思います。(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21977070より引用)
CPAM_Type_SchemaちなみにCCAMとCPAMの対比を慈恵の小児科の先生がまとめられていたので引用させていただきます。(http://www.jikeirad.jp/syourei/kensyui/201302up/201302_02.pdf)
CPAM_CCAM比較

後日のエントリーで書きますが、まだCCAM/CPAMという疾患概念は確立しておらずかなり熱い議論が戦わされていました。CPAMという名称もあまり一般的ではないようで、演題中でもCCAMを用いている発表が圧倒的に多かったです。私見ですが、CPAMという概念自体もコンセンサスを得られている状況ではなく、また分類も変わりそうだし、とりあえず従来のCCAMという言葉を使っておこうという施設が多いということなのかと思っています。

先天性嚢胞状腺腫様形成異常 ( CCAM ) 病理と疫学

Cystic Lung Lesions
CCAM
Pediatric Surgery 7th Ediion / Coran

小児呼吸器外科へ向けて。復習がてらに呼吸器外科領域の勉強。Pediatric Surgeryはあまりきちんとした記載がないので、いつか英語の成書を買わなければいけませんね。

病理
・大きさは1.0mmから10.0cmに及ぶ
・組織学的特徴
粘膜のポリープ様突起
嚢胞壁内の平滑筋と弾性繊維の増生
軟骨組織の闕失
粘液産生細胞の存在
炎症の欠損
・正常のガス交換には寄与しない
・胎児CCAMは大きく2つの病理に分けられ、Pseudoglandular(偽腺様)とCanalicular(細管状)である
・Stockerは嚢胞の大きさでtypeI-IIIに分けたが、臨床像と一致しなかった
・周産期に同定されたCCAMは解剖学的・超音波所見で2つにカテゴライズされる
5mm以上の大きい嚢胞領域を単数もしくは複数持つもの
微小な嚢胞領域を多数持つもの(超音波ではsolidに見える)
・予後は大きさではなく、上記のlesion typeと嚢胞の増殖能力で決まる
・切除標本を見ると細胞増殖の増加とアポトーシスの減少が観察される
・胎児期に急速に増大し水腫を来したCCAMの胎児期切除標本を見ると、PDGF(血小板由来増殖因子)とその遺伝子発現の増加が認められる
・FGF10を用いたCCAMのマウスモデルを作成されている

疫学
・基本的には片側に発生し、両側は稀で左右さあなし
・下葉が最も多い
・小児期に診断される症例では、肺炎をきたすことが多く、Cyst内のクリアランスの低下によると思われる
・気胸、成長障害などが初発症状となることもある
・性差なし