わからない単語を英辞郎で検索するショートカットキーを作成する

論文を読んでいてわからない単語が出てくると、みなさんどうしてますか?僕はMacのスクリーンで読むことがほとんどなので、三本指でタップすれば辞書.appが自動的に立ち上がってくれますが、専門用語だと載っていないことも多いです。

僕はアルクの英辞郎を愛用してます。皆さんご存知の通り、専門用語でもたいていの単語は載っていますし、それよりも豊富な例文が強みで、僕は有料会員登録もしてしまいました。 ( Weblioの方が音声ファイルは充実していると思います ) 調べた単語を単語帳に片っ端から登録し、週に1回復習をしています。

前置きが長くなりましたが、ショートカットで一発で英辞郎で単語の意味を調べられないかな?と思っていろいろ調べてみたところ、Automatorを使えば比較的簡単に出来そうなことがわかったのでやってみたところうまくいきましたので紹介したいと思います。

ちなみに英辞郎はMacの辞書.appに組み込むこともでき、昔は僕もそうやっていましたが、単語帳に登録できないことと、値段が高いこと、容量が1GBくらいあり、Macbook Airの容量を圧迫してしまうことから、この方法がbetterと考えます。

今回は、Macの右クリックメニューに項目を追加する方法の記事を参考させていただきました。

( 1 ) Automatorでワークフローを作成する

1. Automatorを立ち上げる
2. 書類の種類を選択してください→「サービス」を選ぶ
スクリーンショット 0027-04-14 20.05.33
3. 「ユーティリティ」→「クリップボードにコピー」をドラッグ&ドロップ
スクリーンショット 0027-04-14 20.06.00
4. 「AppleScriptを実行」→ドラッグ&ドロップ→下記のスクリプトを入力する
set aURL to “http://eowp.alc.co.jp/search?q=” & (get the clipboard)
open location aURL
スクリーンショット 0027-04-14 20.07.07
5. コンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) に表示したい名前をファイル名にして保存
スクリーンショット 0027-04-14 20.07.34これでコンテキストメニューの「サービス」に「英辞郎で調べる」が追加されました。
スクリーンショット 0027-04-14 20.09.02

( 2 ) ショートカットの作成

「システム環境設定」→「キーボード」→「ショートカット」タブ→「サービス」→「英辞郎で調べる」で好きなショートカットを決める。僕は「control + command + E」にしてみました。
スクリーンショット 0027-04-14 20.15.32

以上になります。ちなみにコンテキストメニューからだと「サービス」を選んでからでないと「英辞郎で調べる」にアプローチできず鬱陶しいので、Macの右クリックメニューを3倍使いやすくする方法まとめ。を参考にして、改善してあります。

プレビューで論文をPDF読んでるときでも、Safariでサイト開いている時でも、コンテキストメニューもしくはショートカットキー一発で英辞郎で調べられますのでかなり快適ですよ。オススメです、ぜひともお試しあれ。ちなみにApplescriptのURLの部分を工夫すれば、どんな検索サイトにも対応可能と思います。

Automator、かなり便利なのは前々から知っていたのですが、これを機に勉強してみたいなと思いました。

Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr0Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です